エリアフランチャイズ - FC展開なび

FC展開なびでは、フランチャイズ展開に関するあらゆるお悩みを解決いたします。
加盟開発、加盟契約書、加盟店強化、本部強化など全てお任せください。

HOME 加盟店強化支援 エリアフランチャイズ

エリアフランチャイズ

イメージ

エリアフランチャイズとは、フランチャイズ本部が一定の地域(エリア)において、フランチャイズ展開をするための本部機能を特定の企業に与え、その企業がその地域内でフランチャイズ展開を進めることを言います。(サブフランチャイズともいいます)

フランチャイズ本部のことをフランチャイザーというのと同様に、エリアフランチャイズにおける本部のことを、エリアフランチャイザーといいます。
また、加盟店のことをフランチャイジーというのと同様に、エリアフランチャイズに加盟する加盟店のことを、エリアフランチャイジーといいます。

エリアフランチャイザーは、エリアフランチャイズ(AFC)展開を進めることによって、フランチャイジー同様に、加盟金やロイヤリティを得ることができ、その対価として、エリアフランチャイジーに対し、スーパーバイジング活動や教育研修など本部としての役割を果たします。

フランチャイズ本部がAFC展開をするメリットは

  • 特定の地域に影響力のある企業と組むことで、その地域内でのフランチャイズ展開をスムーズに行うことができる(効率的)。
  • エリアフランチャイザーと同時にFC展開を進めることで、スピード感が増す。
  • エリアフランチャイザーのヒト・モノ・カネにより、FC展開が可能になる。
  • エリアフランチャイザーが開発すればするほど、加盟金やロイヤリティ収入が増える。

4.については、「エリアフランチャイズのイメージ図」にもあるとおり、エリアフランチャイジーから得た加盟金やロイヤリティの一部を、エリアフランチャイザーはフランチャイザーつまりFC本部に支払います。

エリアフランチャイズの注意点は、その契約の中身にあります。

また情報交換も積極的に行うなど良好な関係を築き続けないと、本部よりもエリア本部の力が強くなる可能性もあります。

その代表例が2008年に話題になった㈱プレナスの「ほっかほっか亭総本部」からのFC離脱騒動です。

プレナスは当時、約1000店舗を展開していましたが、商標権をめぐり抗争が続き、上記の騒動になったのです。

 

【エリアフランチャイズのイメージ図】

キャプチャ

 

エリアフランチャイズでは、エリアフランチャイジーからエリアフランチャイザーが加盟金やロイヤリティを聴取した場合、折半するなどの措置を取ることが多いです。

またエリアフランチャイザーに対し、年間等の出店義務を課しますので、最低でもある程度の出店、もしくはペナルティによる金銭が見込めます。

メリットがばかりが目立つAFC制度ですが、新規に導入する際に気を付けるポイントは

  • 直轄エリアを持ち、エリアフランチャイザーに全てを任せない。
  • 本部だけが持つ機能を保有し、エリアフランチャイザーに全てを任せない。
  • エリアフランチャイザーの選定・教育に注意し、信頼関係を築く。

まずは全てをエリアフランチャイザーに任せるような展開をしないことです。

プレナス社のFC離脱事件ではないですが、エリアフランチャイザーが力を持ち、本部の存在意義が薄れるとトラブルの元になります。

それを避けるためにも、信頼でき、そのエリアを任せられるエリアフランチャイザーを選定し、一生涯の付き合いをしていくことが重要です。

 

通常のフランチャイズに比べると、展開を行っている企業は少ないため、私どものような専門家と共に構築するのが、最も安全で効率的な構築方法です。

実際に上記のFC離脱騒動はエリアフランチャイズの契約書の内容や、積極的な情報交換によっては未然に防げたはずです。

エリアフランチャイズはあくまで多店舗展開の1つの手法でしかありませんが、興味をお持ちのFC本部様は、まず一度ご相談ください。

ページの先頭へ