フランチャイズ展開

FC展開なびでは、フランチャイズ展開に関するあらゆるお悩みを解決いたします。
加盟開発、加盟契約書、加盟店強化、本部強化など全てお任せください。

FC展開ブログ

セブンの「沖縄」戦略とは

セブンの「沖縄」戦略とは

1.セブンの「沖縄」戦略とは 2019年度中を予定するセブン-イレブンの沖縄出店計画で、金秀グループのスーパーマーケット事業を担う金秀商事がセブンと加盟店のフランチャイズ契約を結び、100店舗程度を運営する店舗開発の提携が明らかにしました。 離島県沖縄でも自前の生産・流通インフラを整備するセブンは、自社専用体制の構築に向けた県内企業との提携交渉を水面下で進めており、その動向は県内の流通・小売業界の勢力図にも影響を及ぼします。 沖縄での店舗展開でセブンは年間出店50店ずつ、5年で250店舗という計画を公表しており、100社程度を運営する金秀商事以外の企業ともフランチャイズ契約を結ぶ可能性があります。 セブンは人気の高いプライベートブランド商品の品質確保やレシピ保持のため、総菜や弁当などを製造する企業との取引ではセブン専用を原則とするなど、提携先の選定からインフラ整備まで一

日経メッセ 31日開幕

1.日経メッセ 31日開幕 次世代の店舗や街づくりに関する製品・技術を集めた総合展示会の日経メッセ「フランチャイズ・ショー」が1月31日午前、東京ビッグサイトで開幕しました。 フランチャイズ・ショーは34回目の開催で展示スペースを拡大しました。 単独として過去最大の227社・団体が出展します。 2月2日までの期間中に3万人以上の来場を見込みます。 新たに人手不足や訪日外国人への対応などの課題の解決に寄与する製品・技術をそろえたゾーンを設けました。 日本からの海外展開だけではなく、日本でのフランチャイズ展開をめざす10カ国・地域の企業や団体も出展します。 ペット専門の介護や葬祭業、高齢者向けにリハビリに特化したデイサービスや介護用のリフォーム、家事代行サービスといった今後の需要拡大が見込める分野も幅広く充実させました。 (日本経済新聞より)

コンビニ3年ぶり減収

1.コンビニ3年ぶり減収 日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した2017年の全国コンビニエンスストア売上高は、16年を0.3%下回り3年ぶりに減少しました。 コンビニ同士に加えドラッグストアとの競合も激しく、客数が1.8%減と2年連続で落ち込んだことが響きました。 17年の既存店売上高は9兆4738億円。 12月まで7カ月連続でマイナスとなるなど年後半の苦戦が目立ちました。 (日本経済新聞より)   減収の原因は「ほかの業態との競争が激しくなったほか、秋の天候不順で客数が減少したことなど」のようです。 一方、12月末の店舗数が5万5,322店と、1,700店近く増えたため、全店ベースの売上高は、10兆6,975億円で、過去最高を更新しています。 昨年12月に22ヶ月連続の減少となった訳ですが、コンビニ同士の競合、ドラッグス

仮想通貨フライチャイズを展開

1.仮想通貨フライチャイズを展開 ブロックチェーン企業Glosferの発表によると、同社は200の実在する仮想通貨のフランチャイズを年内に開始する予定で、これにより誰もが店頭で直接購入することが可能になります。 Glosferのテウォン・キム最高経営責任者は「当社は1月にオンラインの仮想通貨の取引所THEBITonを開設する。さらにそれに併せ、オフラインの仮想通貨取引所THEBIToffを3月に始める。これにより誰もが宝くじ券を購入するのと同じように簡単に、店頭で仮想通貨の購入ができるようになる」と述べました。 Glosferが運営する仮想通貨取引所のTHEBITonは、1月中旬にベータ版を発表します。 3月にオフラインで始まるフランチャイズはTHEBIToffの名称で取引が開始される。GlosferはKorea Blockchain Industry Promotio

ローソン、中国・安徽省に日系初の1号店

1.ローソン、中国・安徽省に日系初の1号店 ローソンは12月26日、中国安徽省でのエリアライセンス契約を南京中央商場有限公司と結んだことを発表しました。 海外でのエリアライセンス契約は2例目となり、2018年春に省都の合肥市に日系コンビニエンスストアとしては初めてとなる1号店をオープンします。 ローソンは1996年、中国初の日系コンビニとして上海市に進出しました。 その後、2010年に重慶市、2011年に遼寧省大連市、2013年に北京市で店舗を開業しています。 この経験を生かし、2014年からは中国各地の地場小売企業とメガフランチャイズ契約やエリアライセンス契約を結び、出店エリアを広げてきました。 メガフランチャイズ契約は現在、上海市近郊の江蘇省、浙江省の各都市の計8社と締結し、エリアライセンス契約は湖北省武漢市の中百集団と結んでいます。 中国国内の店

ハウスドゥ、賃貸不動産仲介業へ参入

1.ハウスドゥ、賃貸不動産仲介業へ参入 ハウスドゥは18日、賃貸不動産仲介業へ参入し、同事業に特化した新ブランド「RENT Do!(レントドゥ!)」を設立することを発表しました。 同社では、不動産売買仲介専門のフランチャイズを491店舗展開しており、2013年にはハウス・リースバック事業、2016年には不動産金融事業、2017年には金融機関と提携しリバースモーゲージの保証業務を開始するなど独自のサービスを提供しています。 近年の賃貸不動産業界では、物件の供給過多や空き家の増加等により、物件オーナーの経営状況に課題が多く見られています。 今回、賃貸不動産仲介業へ参入し、これまでのフランチャイズ展開で培ったノウハウを活かし、こういった課題のある物件オーナーへのサポートを行っていきます。 今後も、物件オーナーに寄り添ったサービスを提供するとともに事業領域の拡大を目指して

プラザクリエイト、直営店を9割FC化

1.プラザクリエイト、直営店を9割FC化 DPE大手のプラザクリエイト本社は2018年以降、写真印刷サービスの直営店の約9割をフランチャイズチェーン店に切り替えます。 店舗の管理費や人件費を削減するほか、店舗の販売力を高めて、赤字が続くプリント事業の収支改善につなげます。 子会社のプラザクリエイトが運営する写真印刷店「パレットプラザ」や「55ステーション」を対象です。 (日本経済新聞より)   以前、マクドナルドも同じようなフランチャイズ展開を公表しましたが、このかたちのフランチャイズ展開のメリットは、本部経費の削減だけでなく、加盟開発のしやすさもあります。 既存店なので、売上状況も把握でき、それを見て加盟するかどうかを判断できます。 メインターゲットは法人なのか、個人なのかによってフランチャイズパッケージも変わってきそうですが、プラザ

イー・カム、飲食店のFC展開支援

1.イー・カム、飲食店のFC展開支援 システム開発のイー・カムトゥルーは、飲食店のフランチャイズチェーン展開を支援する事業を始めます。 飲食店のマニュアル作成や加盟店募集、店舗システムの構築などを請け負います。 12月から韓国料理店とブラジル料理店のFC募集を札幌など全国で開始します。 初年度は2業態で60店の出店を目指します。 イー・カム社がFC展開を支援するのは、韓国料理サムギョプサルの専門店「やさい村大地」です。 (日本経済新聞より)   過去にVL社が行っていたようなフランチャイズ展開支援を行うというニュースです。 どのような料金体系になっているのか分かりませんが、初期投資が0もしくは低いのであれば、申込数は多いのではないでしょうか。 フランチャイズ展開では、本部構築費用に加え、継続的な費用が本部にかかります。

楽天、民泊をフランチャイズ展開

1.楽天、民泊をフランチャイズ展開 楽天と楽天LIFULL STAYは11月29日に共同会見を開催し、民泊サービスの提供を検討する不動産会社や個人オーナーを対象に、ブランディングや運用代行をおこなうサービス「Rakuten STAY」を開始しました。 楽天が「Rakuten STAY」のブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYがコンサルティングや室内のデザイン、清掃管理などを委託会社の協力のもと一括で代行し、賠償責任保険も提供します。 不動産会社向けの受付は同日から開始します。 個人オーナーの受付は来年1月を目途に開始します。 楽天と楽天LIFULL STAYは11月29日に共同会見を開催し、民泊サービスの提供を検討する不動産会社や個人オーナーを対象に、ブランディングや運用代行をおこなうサービス「Rakuten STAY」を開始しました。  

ファミマ、コインランドリー事業参入

1.ファミマ、コインランドリー事業参入 コンビニ大手のファミリーマートは、コインランドリー事業に参入します。 店舗を改装して併設したり、広い駐車場に設置したりして2020年3月末までに500店を展開する計画です。 店舗の改装や洗濯機などの導入費用に100億円を投じるといいます。 共働き家庭の増加を背景に、来店動機につなげる狙いです。 来年3月にも関東地方にある2店舗の敷地内にコインランドリーを併設します。 18年度中に100店、19年度には500店に広げる予定です。 (朝日新聞DIGITALより)   個人的にはなぜもっと早く参入しなかったのだろ?という印象です。 コンビニの立地はコインランドリーと相性が良いはずですし、コインランドリーの防犯上も有利です。 また、ほぼ無人(お金の回収や洗剤等の補充などを除く)なので敷地

プログラボとJR中央ラインモールがFC契約

1.プログラボとJR中央ラインモールが業務提携 株式会社ミマモルメが、讀賣テレビ放送株式会社、株式会社エイデックと共同で構成するプログラボ教育事業運営委員会は、JR東日本グループの株式会社JR中央ラインモールとフランチャイズ契約を締結し、関西エリア外での展開を開始することとし、来年4月には、関東で最初となる「武蔵小金井校」を開校します。 2016年4月にスタートしたプログラボは、これまで関西圏において、13校を開校しており、武蔵小金井校の開校で、計14校となります。 JR中央ラインモールでは、中央線の三鷹~立川間の高架化を契機に、高架下の賑わいの創出とより地域に根差した魅力溢れる沿線づくりを目指しています。 今後は、JR東日本中央線エリアを中心に「プログラボ」を展開していく予定で、沿線の小学校を中心とした出張授業や課外授業の実施のほか、自治体等へのプログラミング教育の導

福島、幸楽苑フランチャイズ

1.いきなり!ステーキ12月21日開店 福島、幸楽苑フランチャイズ ラーメンチェーン店を展開する幸楽苑ホールディングスと、首都圏を中心に人気のステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」を手掛けるペッパーフードサービスは8日、都内で共同会見し、幸楽苑HDによるフランチャイズ契約1号店「いきなり!ステーキ福島太平寺店」を12月21日に開店すると発表しました。 両社は、今後のフランチャイズによる出店計画は未定としながらも「同店の成功にまず注力し、次の展開を考えたい」と発表しました。 「いきなり!ステーキ」は立食形式が基本ですが、福島太平寺店は全て椅子席で、メニューや値段は他の店舗と変わらないといいます。 (みんゆうnetより)   先月も取り上げた幸楽苑がいきなり!ステーキのフランチャイズに加盟したというニュースの続きです。 幸楽苑は1店舗目のオープ

ミュゼホワイトニングのFC事業を開始

1.ミュゼホワイトニングのFC事業を開始 この度、株式会社ミュゼプラチナムは、同社がプロデュースするデンタルエステ「ミュゼホワイトニング」ブランドのフランチャイズ加盟医院を全国の歯科医院から募集し、その運営をサポートする、「ミュゼホワイトニングFCプログラム」をスタートいたしました。 「ミュゼホワイトニングFCプログラム」は、女性会員数・顧客満足度 No.1のミュゼが独自に開発した、歯科医院経営を成功に導くフランチャイズプログラムで、ミュゼの美容脱毛サロンで培った接遇技術の提供により、これまで「サービス」という概念があまりなかった歯科業界に「サービス」の考え方をインプットし、また、ミュゼ会員への告知を通じて、加盟歯科医院を多くの患者様にとって通いやすい場所にすることを目的としています。 本プログラムでは、歯科医院を「行きたくない場所」から「定期的に行くべき場所」へと変革し、患

いきなり!ステーキ展開へ

1.いきなり!ステーキ展開へ 幸楽苑ホールディングスは10月27日、ステーキ店を展開するペッパーフードサービスとフランチャイズ契約を締結すると発表しました。 ペッパーの「いきなり!ステーキ」に業態転換し、12月下旬に1号店を出店する計画です。 幸楽苑ホールディングスが展開する外食店はほぼ「幸楽苑」単一ブランドです。 グループ1000店舗体制を目指し、急成長する「いきなり!ステーキ」に業態転換することでドミナントエリア内での自社競合を回避し、経営効率の改善と企業価値向上を目指します。 (msnより)   単一ブランドでの展開の限界を感じてのフランチャイズ加盟でしょうか。 確かに新規事業で実験を繰り返し、展開していくよりはフランチャイズに加盟した方が素早く・安全に展開が可能です。 多店舗展開のプロである幸楽苑グループがこのような戦略を

バーガーキング、マスターFC契約を締結

1.バーガーキング、マスターフランチャイズ契約を締結 バーガーキングアジアパシフィックとアフィニティ・エクイティ・パートナーズは10月17日、日本においてバーガーキングブランドのプレゼンスを高めるためのマスターフランチャイズ契約を締結したと発表しました。 アジアで最大規模のプライベートエクイティ企業の一社であるアフィニティは、新しい契約を実行するため、日本においてBKジャパンホールディングスを新設しました。 バーガーキング・ジャパンは、現在のフランチャイズ契約を継続、日本国内98店の「バーガーキング」を運営し、経営体制も現状を維持します。 今後の日本国内での出店については、BKジャパンホールディングスが担当します。 契約の締結により、日本におけるバーガーキングブランドの事業拡大を図り、アジア太平洋地域におけるプレゼンスを強化するといいます。 (流通ニュースよ
ページの先頭へ