フランチャイズ展開

FC展開なびでは、フランチャイズ展開に関するあらゆるお悩みを解決いたします。
加盟開発、加盟契約書、加盟店強化、本部強化など全てお任せください。

FC展開ブログ

イー・カム、飲食店のFC展開支援

イー・カム、飲食店のFC展開支援

1.イー・カム、飲食店のFC展開支援 システム開発のイー・カムトゥルーは、飲食店のフランチャイズチェーン展開を支援する事業を始めます。 飲食店のマニュアル作成や加盟店募集、店舗システムの構築などを請け負います。 12月から韓国料理店とブラジル料理店のFC募集を札幌など全国で開始します。 初年度は2業態で60店の出店を目指します。 イー・カム社がFC展開を支援するのは、韓国料理サムギョプサルの専門店「やさい村大地」です。 (日本経済新聞より)   過去にVL社が行っていたようなフランチャイズ展開支援を行うというニュースです。 どのような料金体系になっているのか分かりませんが、初期投資が0もしくは低いのであれば、申込数は多いのではないでしょうか。 フランチャイズ展開では、本部構築費用に加え、継続的な費用が本部にかかります。

楽天、民泊をフランチャイズ展開

1.楽天、民泊をフランチャイズ展開 楽天と楽天LIFULL STAYは11月29日に共同会見を開催し、民泊サービスの提供を検討する不動産会社や個人オーナーを対象に、ブランディングや運用代行をおこなうサービス「Rakuten STAY」を開始しました。 楽天が「Rakuten STAY」のブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYがコンサルティングや室内のデザイン、清掃管理などを委託会社の協力のもと一括で代行し、賠償責任保険も提供します。 不動産会社向けの受付は同日から開始します。 個人オーナーの受付は来年1月を目途に開始します。 楽天と楽天LIFULL STAYは11月29日に共同会見を開催し、民泊サービスの提供を検討する不動産会社や個人オーナーを対象に、ブランディングや運用代行をおこなうサービス「Rakuten STAY」を開始しました。  

ファミマ、コインランドリー事業参入

1.ファミマ、コインランドリー事業参入 コンビニ大手のファミリーマートは、コインランドリー事業に参入します。 店舗を改装して併設したり、広い駐車場に設置したりして2020年3月末までに500店を展開する計画です。 店舗の改装や洗濯機などの導入費用に100億円を投じるといいます。 共働き家庭の増加を背景に、来店動機につなげる狙いです。 来年3月にも関東地方にある2店舗の敷地内にコインランドリーを併設します。 18年度中に100店、19年度には500店に広げる予定です。 (朝日新聞DIGITALより)   個人的にはなぜもっと早く参入しなかったのだろ?という印象です。 コンビニの立地はコインランドリーと相性が良いはずですし、コインランドリーの防犯上も有利です。 また、ほぼ無人(お金の回収や洗剤等の補充などを除く)なので敷地

プログラボとJR中央ラインモールがFC契約

1.プログラボとJR中央ラインモールが業務提携 株式会社ミマモルメが、讀賣テレビ放送株式会社、株式会社エイデックと共同で構成するプログラボ教育事業運営委員会は、JR東日本グループの株式会社JR中央ラインモールとフランチャイズ契約を締結し、関西エリア外での展開を開始することとし、来年4月には、関東で最初となる「武蔵小金井校」を開校します。 2016年4月にスタートしたプログラボは、これまで関西圏において、13校を開校しており、武蔵小金井校の開校で、計14校となります。 JR中央ラインモールでは、中央線の三鷹~立川間の高架化を契機に、高架下の賑わいの創出とより地域に根差した魅力溢れる沿線づくりを目指しています。 今後は、JR東日本中央線エリアを中心に「プログラボ」を展開していく予定で、沿線の小学校を中心とした出張授業や課外授業の実施のほか、自治体等へのプログラミング教育の導

福島、幸楽苑フランチャイズ

1.いきなり!ステーキ12月21日開店 福島、幸楽苑フランチャイズ ラーメンチェーン店を展開する幸楽苑ホールディングスと、首都圏を中心に人気のステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」を手掛けるペッパーフードサービスは8日、都内で共同会見し、幸楽苑HDによるフランチャイズ契約1号店「いきなり!ステーキ福島太平寺店」を12月21日に開店すると発表しました。 両社は、今後のフランチャイズによる出店計画は未定としながらも「同店の成功にまず注力し、次の展開を考えたい」と発表しました。 「いきなり!ステーキ」は立食形式が基本ですが、福島太平寺店は全て椅子席で、メニューや値段は他の店舗と変わらないといいます。 (みんゆうnetより)   先月も取り上げた幸楽苑がいきなり!ステーキのフランチャイズに加盟したというニュースの続きです。 幸楽苑は1店舗目のオープ

ミュゼホワイトニングのFC事業を開始

1.ミュゼホワイトニングのFC事業を開始 この度、株式会社ミュゼプラチナムは、同社がプロデュースするデンタルエステ「ミュゼホワイトニング」ブランドのフランチャイズ加盟医院を全国の歯科医院から募集し、その運営をサポートする、「ミュゼホワイトニングFCプログラム」をスタートいたしました。 「ミュゼホワイトニングFCプログラム」は、女性会員数・顧客満足度 No.1のミュゼが独自に開発した、歯科医院経営を成功に導くフランチャイズプログラムで、ミュゼの美容脱毛サロンで培った接遇技術の提供により、これまで「サービス」という概念があまりなかった歯科業界に「サービス」の考え方をインプットし、また、ミュゼ会員への告知を通じて、加盟歯科医院を多くの患者様にとって通いやすい場所にすることを目的としています。 本プログラムでは、歯科医院を「行きたくない場所」から「定期的に行くべき場所」へと変革し、患

いきなり!ステーキ展開へ

1.いきなり!ステーキ展開へ 幸楽苑ホールディングスは10月27日、ステーキ店を展開するペッパーフードサービスとフランチャイズ契約を締結すると発表しました。 ペッパーの「いきなり!ステーキ」に業態転換し、12月下旬に1号店を出店する計画です。 幸楽苑ホールディングスが展開する外食店はほぼ「幸楽苑」単一ブランドです。 グループ1000店舗体制を目指し、急成長する「いきなり!ステーキ」に業態転換することでドミナントエリア内での自社競合を回避し、経営効率の改善と企業価値向上を目指します。 (msnより)   単一ブランドでの展開の限界を感じてのフランチャイズ加盟でしょうか。 確かに新規事業で実験を繰り返し、展開していくよりはフランチャイズに加盟した方が素早く・安全に展開が可能です。 多店舗展開のプロである幸楽苑グループがこのような戦略を

バーガーキング、マスターFC契約を締結

1.バーガーキング、マスターフランチャイズ契約を締結 バーガーキングアジアパシフィックとアフィニティ・エクイティ・パートナーズは10月17日、日本においてバーガーキングブランドのプレゼンスを高めるためのマスターフランチャイズ契約を締結したと発表しました。 アジアで最大規模のプライベートエクイティ企業の一社であるアフィニティは、新しい契約を実行するため、日本においてBKジャパンホールディングスを新設しました。 バーガーキング・ジャパンは、現在のフランチャイズ契約を継続、日本国内98店の「バーガーキング」を運営し、経営体制も現状を維持します。 今後の日本国内での出店については、BKジャパンホールディングスが担当します。 契約の締結により、日本におけるバーガーキングブランドの事業拡大を図り、アジア太平洋地域におけるプレゼンスを強化するといいます。 (流通ニュースよ

100兆円超えといわれる高齢者市場

1.100兆円超えといわれる高齢者市場のビジネス リハビリ・機能訓練・鍼灸マッサージ等を行う治療院の経営、及びフランチャイズ本部の運営をする株式会社からだ元気治療院は、2017年9月末にフランチャイズ加盟店が170件突破したことをお知らせいたします。 厚生労働省によると、2017年の後期高齢者の人数はおよそ1,500万人、2025年には2,000万人を超え、日本の約4人に1人は後期高齢者という、超高齢化社会となる予想です。 高齢者の増加に伴い消費の傾向も変動しており、今後高齢者市場は100兆円を超えると言われ、新しいビジネスチャンスとして注目を浴び、多くの企業が高齢者市場への参入を図っています。 超高齢化社会になっていく背景もあり、厚生労働省は「できる限り、住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けつつ、安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す」と発表し、“在

FCをどう工務店ビジネスに結びつけるか

1.FCをどう工務店ビジネスに結びつけるか 日本フランチャイズチェーン協会によると、2016年度の日本国内のフランチャイズのチェーン数は1335チェーン、店舗数は26万3109、売上高は25兆974億円で、順調に推移しています。 そのうち住宅建築・リフォーム・ビルメンテナンス関連をみると、チェーン数は60チェーン、店舗数は9278店で売上高は7528億8100万円といった結果となりました。 近年は、フランチャイズに加入する工務店も多く、現在も加入を検討している経営者も多いことでしょう。 その一方で、どのフランチャイズを選択するか迷っている経営者も数多いと聞きます。 それでは、フランチャイズをどのように考えていけばいいのでしょうか。 (住宅産業新聞社より)   売上規模は25兆円を超え、今後も益々成長が予想されるフランチャイズ業界。

沖縄ファミリーマート、エリアFC再契約

1.沖縄ファミリーマート、エリアFC再契約 沖縄ファミリーマートとファミリーマートは9月26日、ファミリーマート・エリアフランチャイズ契約が10月15日で満了となるため、新たに「ファミリーマート・エリアフランチャイズ契約」を締結しました。 再契約締結により、これまで以上に、ファミリーマートが強力な支援を行い、350店体制の構築を目指します。 8月31日現在の沖縄県内のファミリーマートの店舗数は320店でした。 地元のお客に支持される商品開発のほか、ニーズの変化に対応した店舗運営に取り組みます。 (流通ニュースより)   エリアフランチャイズ契約の更新に関するニュースですが、更新後は更なる店舗数の拡大に向け目標を掲げたようです。 フランチャイズ展開のメリットの一つにスケールメリットがありますが、業界トップを目指すためにも早期に店舗を拡大す

店舗立地を選ばず、在庫リスクを負わない

1.店舗立地を選ばず、在庫リスクを負わない 国内51店舗、海外12店舗にチェーン展開している古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」を運営する株式会社ドンドンアップは、新業態「ChocoChocoDown on Wednesday(以下、チョコチョコダウン)」の実験店舗を昨年4月から岩手県盛岡市にある盛岡駅ビルフェザン内にて営業してきました。 「チョコチョコダウン」は、30坪前後の売り場面積から営業可能で、立地条件を選ばないネット併売形態の商品委託型店舗です。 2017年4月から本格的にフランチャイズ加盟募集をスタートしていましたが、この度、9月23日に加盟店1号店として岩手県盛岡市内にあるデパート「ななっく」の2Fに「チョコチョコダウンななっく店」がオープンいたします。 同店舗を運営するのは、ななっく株式会社。 約35坪の売り場に2,300点の商品が展開され

シェアリングテクノロジー、ティアと業務提携

1.シェアリングテクノロジー、ティアと業務提携 日本最大級のライフサービスプラットフォームを展開するシェアリングテクノロジー株式会社は、9月1日、中部・関西・関東地区を中心に「葬儀会館TEAR」を運営し、会館での葬儀・法要の請負のほか、寺院や個人宅、公共の場所などでの葬儀・法要も手掛けている株式会社ティアと、「ティアの会」会員を対象とした同社展開サービスの受付数増加を目的とした提携契約を締結したことを発表しました。 (VentureTimesより)   プレスリリース上では、ティアの会の会員数が書いてなかったので、ティアの会の会員数を調べると28万人以上もいるようです。 会員数だけでなく、属性もある程度想像できますが、その属性に対してアプローチしたいという企業は多いでしょう。 シェアリングテクノロジー社はライフサービスに特化したバーティカルメディア

総売上高25兆円突破

1.総売上高25兆円突破 日本フランチャイズチェーン協会が8月30日に発表しました「2016年度フランチャイズチェーン統計調査結果」によりますと、1335チェーンの合計全店売上高が25兆円を突破しました。 業種別売上構成は小売業71%、外食業16%、サービス業13%。小売業に含まれるコンビニエンスストアがけん引役となりました。 全体では前年比6チェーン増、2117店増の結果、売上高が5028億円上乗せになり25兆円を超えました。 チェーン数、売上高は7年連続、店舗数は8年連続で増え続けています。 (日本食糧新聞より)   フランチャイズ業界は順調に成長していますが、やはり業界の7割近くを占めるコンビニエンスストアの成長が業界の成長に直結していると言っても過言ではありません。 しかし、大手3社は1万店を超え、日本国内では飽和状態になる時期

異業種参入の加盟企業が急伸

1.異業種参入の加盟企業が急伸 不動産フランチャイズを展開するセンチュリー21・ジャパンは8月21日、東京都渋谷区のセルリアン東急ホテルにて秋の戦略会議を開催し、首都圏の加盟店を中心に約300人が参加しました。 本部の長田邦裕社長が登壇し、2017年度上半期の振り返りと下期の重点施策について発表しました。 手数料売上総額は前年比100.3%とほぼ同水準でしたが、1~3月期が伸びた一方、4~6月の落ち込みが大きかったようです。 企業ごとの中間発表では、加盟店のうららが手数料総額1億7675万円と前年比245.3%の大幅増を達成しました。 フォトスタジオを経営していたが14年にセンチュリーに加盟し急成長しています。 長田社長は「業界の垣根を越え、不動産に参入してくるのが当たり前になっている」と話し、不動産ビジネスの経験がない会社向けの営業マニュアルを制作し、異業
ページの先頭へ