フランチャイズ展開

FC展開なびでは、フランチャイズ展開に関するあらゆるお悩みを解決いたします。
加盟開発、加盟契約書、加盟店強化、本部強化など全てお任せください。

FC展開ブログ

100兆円超えといわれる高齢者市場

100兆円超えといわれる高齢者市場

1.100兆円超えといわれる高齢者市場のビジネス リハビリ・機能訓練・鍼灸マッサージ等を行う治療院の経営、及びフランチャイズ本部の運営をする株式会社からだ元気治療院は、2017年9月末にフランチャイズ加盟店が170件突破したことをお知らせいたします。 厚生労働省によると、2017年の後期高齢者の人数はおよそ1,500万人、2025年には2,000万人を超え、日本の約4人に1人は後期高齢者という、超高齢化社会となる予想です。 高齢者の増加に伴い消費の傾向も変動しており、今後高齢者市場は100兆円を超えると言われ、新しいビジネスチャンスとして注目を浴び、多くの企業が高齢者市場への参入を図っています。 超高齢化社会になっていく背景もあり、厚生労働省は「できる限り、住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けつつ、安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す」と発表し、“在

FCをどう工務店ビジネスに結びつけるか

1.FCをどう工務店ビジネスに結びつけるか 日本フランチャイズチェーン協会によると、2016年度の日本国内のフランチャイズのチェーン数は1335チェーン、店舗数は26万3109、売上高は25兆974億円で、順調に推移しています。 そのうち住宅建築・リフォーム・ビルメンテナンス関連をみると、チェーン数は60チェーン、店舗数は9278店で売上高は7528億8100万円といった結果となりました。 近年は、フランチャイズに加入する工務店も多く、現在も加入を検討している経営者も多いことでしょう。 その一方で、どのフランチャイズを選択するか迷っている経営者も数多いと聞きます。 それでは、フランチャイズをどのように考えていけばいいのでしょうか。 (住宅産業新聞社より)   売上規模は25兆円を超え、今後も益々成長が予想されるフランチャイズ業界。

沖縄ファミリーマート、エリアFC再契約

1.沖縄ファミリーマート、エリアFC再契約 沖縄ファミリーマートとファミリーマートは9月26日、ファミリーマート・エリアフランチャイズ契約が10月15日で満了となるため、新たに「ファミリーマート・エリアフランチャイズ契約」を締結しました。 再契約締結により、これまで以上に、ファミリーマートが強力な支援を行い、350店体制の構築を目指します。 8月31日現在の沖縄県内のファミリーマートの店舗数は320店でした。 地元のお客に支持される商品開発のほか、ニーズの変化に対応した店舗運営に取り組みます。 (流通ニュースより)   エリアフランチャイズ契約の更新に関するニュースですが、更新後は更なる店舗数の拡大に向け目標を掲げたようです。 フランチャイズ展開のメリットの一つにスケールメリットがありますが、業界トップを目指すためにも早期に店舗を拡大す

店舗立地を選ばず、在庫リスクを負わない

1.店舗立地を選ばず、在庫リスクを負わない 国内51店舗、海外12店舗にチェーン展開している古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」を運営する株式会社ドンドンアップは、新業態「ChocoChocoDown on Wednesday(以下、チョコチョコダウン)」の実験店舗を昨年4月から岩手県盛岡市にある盛岡駅ビルフェザン内にて営業してきました。 「チョコチョコダウン」は、30坪前後の売り場面積から営業可能で、立地条件を選ばないネット併売形態の商品委託型店舗です。 2017年4月から本格的にフランチャイズ加盟募集をスタートしていましたが、この度、9月23日に加盟店1号店として岩手県盛岡市内にあるデパート「ななっく」の2Fに「チョコチョコダウンななっく店」がオープンいたします。 同店舗を運営するのは、ななっく株式会社。 約35坪の売り場に2,300点の商品が展開され

シェアリングテクノロジー、ティアと業務提携

1.シェアリングテクノロジー、ティアと業務提携 日本最大級のライフサービスプラットフォームを展開するシェアリングテクノロジー株式会社は、9月1日、中部・関西・関東地区を中心に「葬儀会館TEAR」を運営し、会館での葬儀・法要の請負のほか、寺院や個人宅、公共の場所などでの葬儀・法要も手掛けている株式会社ティアと、「ティアの会」会員を対象とした同社展開サービスの受付数増加を目的とした提携契約を締結したことを発表しました。 (VentureTimesより)   プレスリリース上では、ティアの会の会員数が書いてなかったので、ティアの会の会員数を調べると28万人以上もいるようです。 会員数だけでなく、属性もある程度想像できますが、その属性に対してアプローチしたいという企業は多いでしょう。 シェアリングテクノロジー社はライフサービスに特化したバーティカルメディア

総売上高25兆円突破

1.総売上高25兆円突破 日本フランチャイズチェーン協会が8月30日に発表しました「2016年度フランチャイズチェーン統計調査結果」によりますと、1335チェーンの合計全店売上高が25兆円を突破しました。 業種別売上構成は小売業71%、外食業16%、サービス業13%。小売業に含まれるコンビニエンスストアがけん引役となりました。 全体では前年比6チェーン増、2117店増の結果、売上高が5028億円上乗せになり25兆円を超えました。 チェーン数、売上高は7年連続、店舗数は8年連続で増え続けています。 (日本食糧新聞より)   フランチャイズ業界は順調に成長していますが、やはり業界の7割近くを占めるコンビニエンスストアの成長が業界の成長に直結していると言っても過言ではありません。 しかし、大手3社は1万店を超え、日本国内では飽和状態になる時期

異業種参入の加盟企業が急伸

1.異業種参入の加盟企業が急伸 不動産フランチャイズを展開するセンチュリー21・ジャパンは8月21日、東京都渋谷区のセルリアン東急ホテルにて秋の戦略会議を開催し、首都圏の加盟店を中心に約300人が参加しました。 本部の長田邦裕社長が登壇し、2017年度上半期の振り返りと下期の重点施策について発表しました。 手数料売上総額は前年比100.3%とほぼ同水準でしたが、1~3月期が伸びた一方、4~6月の落ち込みが大きかったようです。 企業ごとの中間発表では、加盟店のうららが手数料総額1億7675万円と前年比245.3%の大幅増を達成しました。 フォトスタジオを経営していたが14年にセンチュリーに加盟し急成長しています。 長田社長は「業界の垣根を越え、不動産に参入してくるのが当たり前になっている」と話し、不動産ビジネスの経験がない会社向けの営業マニュアルを制作し、異業

マクドナルド、インドで169店閉鎖

1.マクドナルド、インドで169店閉鎖 米ファストフード大手マクドナルドは8月21日、インドの北部と東部にある169店舗すべてを閉鎖すると明らかにしました。 フランチャイズ店を展開する地元企業との法的な対立を受けた措置です。 マクドナルドのインド子会社によると、フランチャイズ契約先のコンノート・プラザ・レストランに契約違反と支払い不履行があったといい、契約を打ち切ることにしました。 契約の解除により、首都ニューデリーを含む北部と東部の全店舗が閉鎖されます。 フランチャイズ契約先が異なる南部と西部の店舗の営業は続けます。 CPRLのビクラム・バクシ社長はインドのPTI通信に、法的手段が可能か検討すると述べています。 海外のファストフード企業にとって、人口12億5000万人を抱え、外食する余裕のある人が増えつつあるインドは魅力的な市場です。 マクドナ

セブンイレブン、店舗に保育園を併設

1.セブンイレブン、店舗に保育園を併設 セブン-イレブン・ジャパンは8月10日、フランチャイズチェーン本部としては初となる加盟店従業員向けの保育施設「セブンなないろ保育園」を開園すると発表しました。 9月末以降に、東京都大田区の直営店「セブン-イレブン大田区池上8丁目店」2階と広島市のFC加盟店「同広島中広3丁目店」2階に「セブンなないろ保育園」を開園します。 入園対象はセブン-イレブン加盟店の従業員・オーナー、セブン-イレブン・ジャパン社員で、一部、地域住民も対象とします。 (流通ニュースより)   生産人口の減少に伴い、主婦、高齢者、外国人等の採用が増えていますが、できれば産休後、復帰してもらう体制を整えるのが、採用コストや教育コストなどの面からもメリットが多く、ビジネスとしてではなく、従業員向けに保育施設を設けようという企業が増えているように

アクトスが三洋堂書店とFC契約締結

1.アクトスが三洋堂書店とFC契約締結 書店事業や教育事業を柱とした株式会社三洋堂書店と株式会社アクトスは、お互いの経営理念や店舗運営ノウハウを有効に活用し、地域社会の発展に貢献することを目的としたフランチャイズ契約を締結いたしました。 これにより、業界革命的な低価格でありながら本格的フィットネスジムの出店に向けた体制を構築してまいります。 第1号店となる「スポーツクラブアクトスWill_G三洋堂志段味」は、平成29年11月上旬に開設予定です。 トレーニングシューズがあれば履き替えが不要なため、気軽にカジュアル感覚で楽しんでいただけます。 多くの方にスポーツを健康的に楽しんでいただき、「優しい」「楽しい」「気持ちいい」と感じていただけるスポーツクラブを目指してまいります。 (ValuePress!より)   フィットネスクラブと言えば、

バックパッカーズを買収

1.バックパッカーズを買収 カツ丼専門店「かつや」を直営、FCで展開するアークランドサービスホールディングスは、「野菜を食べるカレーcamp」を展開しているバックパッカーズを買収したと発表しました。 取得価格は、非公表です。 アークランドグループは、とんかつ専門店「かつや」を中心に飲食店の経営とフランチャイズチェーン本部の運営を行っています。 一方、バックパッカーズは、「野菜を食べるカレーcamp」を中心に飲食店の経営とフランチャイズチェーン本部の運営を行っています。 今回の株式取得により、アークランドグループの飲食店の経営ノウハウおよびフランチャイズチェーン本部の運営ノウハウを注ぎ込むことで、バックパッカーズの更なる事業拡大を目指すだけでなく、アークランドグループにおいても、バックパッカーズの新業態コンセプト開発能力を活かした様々なシナジーが見込め、新たな事業の

夏は熱海でVR

1.夏は熱海でVR 株式会社ダズルは、VR SPACE株式会社が新たに開始したVR体験ショールーム事業のフランチャイズ展開第一弾である熱海後楽園ホテルに、VRゲーム「ワンマンバーガー」を提供いたします。 「ワンマンバーガー」は既に「VR SPACE SHIBUYA」にて提供をしており、老若男女問わず多くの方にお楽しみいただいています。 お客様アンケートでは、来店時には約7割のお客様がワンマンバーガーをご存知ないにも関わらず、プレイ後には約9割の方が「楽しかった」とご満足いただけております。 VR SPACE株式会社では、今回のサービス提供を皮切りに、これまで専門の施設でなければ体験できなかったVR体験を、より多くのユーザーに提供出来るよう、体験機会増加につながる取り組みを進めていくとし、ダズルでもより多くの方にVR体験の機会を提供したいという想いから、熱海後楽園ホテルで

モミアンドトイを子会社化

1.モミアンドトイを完全子会社化 東証ジャスダック上場で焼き肉「牛角」FC店を展開するアスラポート・ダイニングは、国内に64店舗クレープ販売店を展開するモミアンドトイ・エンターテイメントを株式交換により完全子会社化すると発表しました。 アスラポート・ダイニングとモミアンドトイは、グループにおいて培ってきたFCパッケージの開発力・競争力のある食材の購買力や全国規模での物流体制等のFC事業に係る機能・ノウハウ及び全国規模のフランチャイジー・ネットワークを共有することや、MD・商品開発及びアスラポートグループの他業態とのコラボレーションにより、国内において「MOMI&TOY’S」ブランドの更なる店舗展開が可能となり、ひいてはモミアンドトイの中長期的な発展や企業価値の向上を見込んでいます。 また、アスラポートは、グループの経営方針である「ブランド・ポートフォリオの多様化」によ

2.G-FACTORYが業務提携

1.G-FACTORYが業務提携 G-FACTORY株式会社は、飲食店等の課題を解決するソリューションカンパニーとして、3~30店舗前後の出店意欲旺盛な企業を中心に、居抜き物件の情報提供から厨房機器や空調設備等の内装設備導入をサポートしています。 その他、飲食企業ののれん分け等による、夢ある独立開業者のサポートから、すでに100店舗を超える大手企業のスクラップアンドビルド等の支援も行っています。 今回、株式会社遠藤商事・Holdings.が保有していた「ナポリ」「ナポリス」等の商号についてG-FACTORY株式会社を商標権者として新たにピザ店のフランチャイズ事業を展開するに当たり、G-FACTORY株式会社、株式会社ル・クール及び三鱗事業株式会社は、店舗管理、メニュー開発、FC出店希望者に対する新規出店等の促進に関して、各社が保有するノウハウ・経営資源を相互活用し、旧FCの継

チムニー、マルシェ/資本・業務提携

1.チムニー、マルシェ/資本・業務提携 チムニーとマルシェは6月27日、資本・業務提携すると発表しました。 チムニーは、「はなの舞」「さかなや道場」等の居酒屋を中心に、746店を展開(フランチャイズ店舗等含む)します。 マルシェは、「酔虎伝」「八剣伝」「居心伝」等の居酒屋を中心に、477店(フランチャイズ店舗含む)を出店しています。 両社の店舗を合算すると1223店と、国内居酒屋チェーン有数の規模となり、資本業務提携により今後相互にさまざまなシナジーを追求してくことが可能となります。 マルシェは関西圏や郊外に店舗数が多い一方、チムニーは東京関東圏や首都圏に店舗数が多く、地域的な補完関係にあることから、資本業務提携により日本全国の店舗で上記施策を実施することが可能となり、これらの施策を通じて、企業価値向上を図ります。 提携により、商材の相互供給や共同購買による
ページの先頭へ