フランチャイズ加盟と新事業のご相談についての投稿

フランチャイズ加盟相談センターでは、「フランチャイズに加盟したい」
「新事業を立ち上げたい」という企業様に対し、専門の相談員がアドバイスいたします。

フランチャイズ加盟相談センター ブログ

イオンファンタジー/海外出店を強化

イオンファンタジー/海外出店を強化

1.イオンファンタジー/海外出店を強化 イオンファンタジーは、海外子会社を通じ、ファミリー向けアミューズメント施設、インドアプレイグラウンドの直営展開を進めています。 香港、ベトナム、カンボジアにおいては、ライセンス契約、フランチャイズの店舗を展開しています。 2017年7月に子会社を設立したベトナムにおいては、11月より6店舗のフランチャイズ契約店舗を譲り受け、直営店舗として運営を開始しました。 2017年11月は中国において3店舗、フィリピンにおいて2店舗、インドネシアにおいて1店舗と計6店舗の新規出店を行い、同社海外事業における店舗数は11月末に合計366店舗(フランチャイズ店舗含む)となりました。 (流通ニュースより)   モーリーファンタジーをはじめ、国内でもファミリーや子供に人気の業態を展開しているイオンファンタジーが海外で既に3

築地銀だこ、インドネシアで展開

1.築地銀だこ、インドネシアで展開 ホットランドは11月28日、PT Foods Beverages Indonesiaとの間で、同社グループの主要ブランド「築地銀だこ」をインドネシア共和国で展開することを目指し、マスターフランチャイズ契約を締結した、と発表しました。 PT Foods Beverages Indonesiaは、インドネシア共和国の大手流通グループであるKawan Lamaグループの傘下企業で、同グループ外食部門の中核企業。Kawan Lamaグループ全体では、同国の主要都市で約300店舗の小売・外食店を運営しており、傘下に上場企業も抱える同国内の大手企業グループの一つです。 PT Foods Beverages Indonesia自身も、東南アジアエリアでのメジャーなカフェブランドである「Chatime」のフランチャイズをインドネシア国内で約170店舗運営し

エンパワーとIDOM業務提携

1.エンパワーとIDOM業務提携 ブランド品などの買取りを手掛ける買取専門店「大吉」を全国展開する株式会社エンパワーは、中古車買取販売の「ガリバー」を運営する株式会社IDOMと協力し、2017年11月23日(木)から11月26日(日)の期間「ハイブ長岡」で共同展示会・査定会を実施いたします。 (JIJI.comより)   既に業務提携をしている両社ですが、確かに相性は良いでしょう。 今回のイベントでIDOM社は、中古車の展示だけでなく買取も行います。その際、ブランド品を持ってくれば、そちらも査定してくれるということです。 ブランド品の買取は、コメ兵も大黒屋も苦戦しているようですが、エンパワー社は現在の250店舗から来年中に350店舗まで増やす予定のようです。 既に44都道府県に出店していますが、年間100店舗の出店は可能と考えているようです。

ダイハツ、介護支援新事業

1.ダイハツ、介護支援新事業 ダイハツ工業は13日、通所介護施設の利用者送迎業務を支援するシステムを開発したと発表しました。 介護事業大手のSOMPOケアネクストの一部介護施設で夏から実証試験を進めており、来年度中の販売を目指します。 ダイハツの軽自動車とのセット販売も検討し、福祉事業の拡大につなげる考えです。 ダイハツは約1万3800台が販売される軽福祉車両市場で約5割のトップシェアを握っています。 平成28年度実績は前年度比約1割減の6697台でしたが、松林淳取締役は記者会見で、「モノとサービスをセットで提供することで軽自動車を広げたい」と市場のてこ入れに意欲を示しました。 (産経ニュースより)   既に約5割のシェアを占める軽福祉車両市場に、モノ+サービスを提供することで更にシェアを高め、独占市場にしようというところでしょうか。

原価ビストロBAN!FC募集開始

1.原価ビストロBAN!フランチャイズ加盟募集開始 株式会社KIDS HOLDINGSと株式会社KIDSは、自社で運営する本格ビストロ「原価ビストロ BAN!」の出店拡大を目的とするフランチャイズ店舗及エリアフランチャイズ本部の募集を開始いたします。 来夏までに30店舗出店予定です。 1店舗の加盟から、エリアをお任せしたいエリアフランチャイズ本部様の募集も同時に行っております。 (PR TIMESより)   今年7月にオープンした原価ビストロBAN!は10月にオープンした3店舗目からフランチャイズ店として展開し始めたようです。 飲食店では3か月間はOPEN景気と言われていますが、その段階での売上・利益でフランチャイズモデルを作ってしまうのは、少し疑問ですが、原価でお酒が飲めるビストロというのは確かに魅力的な業態に見えます。 しかし、フラ

ワタミの宅食が新事業を開始

1.ワタミの宅食が新事業を開始 ワタミ株式会社は、2017年11月1日より、宅食事業を展開する「ワタミの宅食」の事業範囲を拡大し、新たに冷凍惣菜の通信販売事業を開始します。 サービス名を「ワタミの宅食ダイレクト」と名付け、お惣菜を“冷凍状態”で“宅配便”でお届けします。 新サービスにより、これまで実現できなかった全国へのお届けが可能となります。 また、都合に合わせてまとめて受け取り、必要なときに使える冷凍商品を本格導入することで、利便性の向上にも繋げることができます。 高齢者食宅配市場「売上シェア7年連続No.1」の実績を持つ「ワタミの宅食」の商品を、より多くの方にお届けしていきたいと考えています。 (PR TIMESより)   先日、高齢者向け配食サービスのフランチャイズ展開をする「シルバーライフ」社が東証マザーズに上場しましたが、今

マンマチャオ、400店舗達成

1.マンマチャオ、400店舗達成 コインランドリーのフランチャイズを展開する株式会社mammaciaoは、2017年10月27日、神奈川県、大阪府、福岡県に新規3店舗を同時オープンし、全国400店舗を達成いたします。 200店舗を開業した2016年2月以降、急速に出店ペースを加速させ、2年弱で店舗数を2倍に急伸させました。 背景には、女性の社会進出やインバウンドの増加によるコインランドリー利用の急増と、IoTを活用した「ネット遠隔操作返金システム」などによるオーナーの負担を最大限に減らした当社独自のコインランドリー運営の確立にあります。 東日本では業界随一の出店数を誇り、なかでも都市での占有率を高めてきた当社は今後、東海地域を中心とした郊外への出店、さらにはスーパーマーケットなど流通業との協同を強化し、2020年に向けて1000店舗達成を目指していきます。 (Dr

「奨学金返済支援制度」を創設

1.「奨学金返済支援制度」を創設 建築資材の施工販売を行うLIXILフランチャイズのハラコートーヨー住器はこのほど、社員が返済している奨学金の残余額に対し、最大200万円を支給する「奨学金返済支援制度」を創設しました。 職場環境の向上によって優秀な人材の確保につなげるとともに、社員のモチベーションアップで長期雇用を促します。 支援対象者は、勤続年数が5年と10年の正社員です。 2回の節目に、未返済分に対してそれぞれ上限100万円を支給します。 対象となる奨学制度は、日本学生支援機構、通学校(大学・専門学校等)、行政の貸与奨学金制度です。 支給時に奨学金返済金の残高が支援手当の金額に満たない場合は、残高相当額を支給します。 (新建ハウジングより)   奨学金返済については返済の滞納が増え、社会問題となっています。 少子化にも影

柿安本店、惣菜事業の新ブランド

1.柿安本店、惣菜事業の新ブランド 柿安本店は10月11日、三重県桑名市に惣菜事業の新ブランド「パーシモンガーデン by Kakiyasu」をオープンしました。 新ブランドは、惣菜事業のさらなる成長と路面店出店拡大を目的としたものです。 趣向を変えたメニューを取りそろえ、柿安の惣菜店としては初めてイートインスペースを設置します。 柿安自慢の惣菜を自宅でも店でも気軽に楽しめる地域密着型の店舗を目指します。 (流通ニュースより)   柿安本店が新事業として新たなブランドを展開するようです。 商業施設等の総菜売り場で良く目にする柿安本店ですが、ホームページを見る限りではフランチャイズ展開はしていないようです。 上場していることもあり、今後フランチャイズ展開をするというのは難しいのかもしれませんが、採用難の時代において人材を採用し続け、店

講師派遣・教員研修サービスを開始

1.エクシード、講師派遣・教員研修サービスを開始 エクシードは、「Tech for elementary」(TFE)の加盟者と連携し、全国の小学校を対象に、プログラミング教育の実施・サポートをする講師の派遣、教員のためのプログラミング教育研修を行うサービス「Tech for elementary.school」を開始しました。 TFEは、映像授業をベースとしたプログラミング教室を FC展開しています。 事業開始約1年半が経過した現在、全国で120以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾、パソコン教室、英会話教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者などの個人が自宅で開校するケースなどもあるといいます。 TFE はこれまで、「フランチャイズビジネスと学校の年度予算が合致しないので(学校向けサービスは)難しい」との理由から、フランチャイズビジネスだけを展開し、学校向けサ

すららネットと栄光グループが業務提携

1.すららネットと栄光グループが業務提携 すららネットとZEホールディングスは9月25日、2017年8月25日に業務提携に関する契約を締結したと発表しました。 ZEホールディングスとすららネットは互いの理念「最高の教育で、 未来をひらく。」「教育に変革を、子どもたちに生きる力を。」の下、より多くの児童・生徒の学びに貢献するため、相互のリソースを活用することで、今後「栄光グループの学習塾事業の顧客に対し、すららネットのサービスを提供」、「すららネットのデジタル教材等のコンテンツを共同開発」、「栄光グループの海外拠点や海外提携先において、すららネットのサービスを用いた商品を提供」などの取り組みを行う予定です。 (ICT教育ニュースより)   栄光ゼミナールなど、一部の店舗はフランチャイズ展開していますが、その多くは直営店で展開している栄光グループ。 競

コンビニへの外国人技能実習生投入

1.コンビニへの外国人技能実習生投入 日本フランチャイズチェーン協会は、コンビニ各社が加盟する業界団体です。 この協会が「外国人技能実習制度の対象職種にコンビニエンスストア運営も入れるように」と政府に申請する、と報じられています。 外国人技能実習制度といえば、国連などから「現代の奴隷制度」とまでいわれ、制度自体見直すべきという声が高いようです。 農林水産業の現場では、技能実習生を安い賃金で酷使して問題になるケースは枚挙に暇がありません。 都市部のコンビニを利用する人であれば、近年コンビニ店員に外国人が急増しているのは実感していることでしょう。 彼らが胸につけている名札を見ると、出身国もバラエティに富んでいることがわかります。 さて、日本フランチャイズチェーン協会側はどのような意図で申請を決めたのでしょうか。 (Net IB Newsより)

G-FACTORYが業務提携

1.G-FACTORYが業務提携 G-FACTORY株式会社は、インクグロウ株式会社及びフードスタジアム株式会社との間で業務提携契約を締結することを決議いたしましたので、お知らせいたします。 昨今の飲食業界は人材不足による売上低迷、高齢化による後継者不足・後継者の資金不足に伴う事業撤退から早期リタイヤ、他企業の傘下参入から中核事業へのシフト等動きが活発化しております。 また、新規出店を加速させたい企業や、新規に飲食事業に参入し多角化を図りたい企業は良質な物件や人材確保を行うことは容易ではなく、事業拡大が進められないというケースが増加傾向にあります。 このような背景から飲食業界においてもM&Aの活用は、成長戦略の選択肢として注目されつつあります。 当社は、本業務提携により、「成長を志す人財と変革を志す組織と共に、新しい価値を創造し続け、常に成長し続けます」という経営

エリア・フランチャイザー募集を開始

※過去のブログの7割ほどが消えてしまいました。気を取り直して、今後も毎週更新していきますので、宜しくお願いします。 1.エリア・フランチャイザー募集を開始 新鋭カフェチェーン『MANGOSIX(マンゴーシックス)』の日本法人であるマンゴーシックスジャパン株式会社は、日本国内全域におけるエリア・フランチャイザーの募集を開始します。 マンゴーシックスのミッションは、“新たな文化や価値を創造して革新する”、“相互尊重と信頼をもとに共に成長する”です。 お客様に愛される“感動と幸せを伝える”グローバル企業として成長を続けるために、私たちはマンゴーシックスを通じて地域のお客様と真摯に向き合う姿勢を大切にし、常に挑戦していきたいと思っています。 (SankeiBizより)   フランチャイズ展開の方法として、一定のエリアを加盟する企業に任せるエリアフランチャ

運動会にパラ種目導入支援へ

1.運動会にパラ種目導入支援へ 日本財団パラリンピックサポートセンターは9月24日、東京都内で記者会見し、2020年東京パラリンピックのPRを目的に企業や自治体、大学による運動会のプログラムにボッチャなど実施競技の導入を支援する新事業を発表しました。 運動会は旅行大手JTBが協賛し「あすチャレ(明日への挑戦)!運動会」と銘打ちます。100~200人が参加し、車いすラグビーや車いすバスケットボールなどを行う4、5時間のプログラムを想定していて、競技説明のために講師を派遣する予定です。 (Sanspo.comより)   リオおリンピックも終わり、いよいよ東京オリンピック&パラリンピックへ向けて、市場が動き出しました。 パラリンピックのプログラムや「ゆるスポーツ」の普及は、障がい者と健常者の垣根をなくし、交流がより深まるきっかけになると思いますので、ドン
ページの先頭へ